スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)

 13日午後3時5分ごろ、埼玉県新座市東北2の歯科医院「にいざデンタルクリニック」から「患者がのどに脱脂綿を詰まらせた」と119番があった。救急隊員が駆け付けたところ、治療中の女児(2)が心肺停止の状態で、14日午前6時25分ごろ死亡が確認された。県警新座署によると、死因は窒息死とみられ、業務上過失致死の疑いもあるとみて女性歯科医(37)らから事情を聴いている。

 新座署によると、女児は新座市内の男性の長女。自宅で転倒して前歯を負傷し来院。歯科医と助手数人が治療を始めて間もなく、治療に使った脱脂綿がのどに詰まったという。

 記者会見した同クリニックの代理人弁護士によると、女児は右上の前歯1本が抜けかかっており、診療台に寝た母親があおむけに抱きかかえ、助手3人が頭や手足を押さえて治療。歯科医が円柱状の脱脂綿(長さ2.5センチ、直径7ミリ)二つを歯茎に詰めた後、女児の頭が動き、一つが落ちたという。歯科医は「まさか落ちるとは思っていなかった」と話しているという。【町田結子、飼手勇介】

「間違いを反省」=拉致犯の釈放嘆願署名―首相(時事通信)
荒井国家戦略相、職員に訓辞も疑惑説明せず (産経新聞)
未来の科学技術 31年に宇宙旅行 40年に有人月面基地(毎日新聞)
<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
ゲームプラットフォームの未来、「セルフィちゃんねる」の挑戦(Business Media 誠)
スポンサーサイト

首相「大変ふつつかな私でしたが…心から感謝」(産経新聞)

 【鳩山首相 両院議員総会発言詳報】(3完)

 「たとえば地域主権、原口大臣が先頭を切って走ってくれています。国が上で地域が下にあるなんて社会はおかしいんです。むしろ地域のほうが主役になる日本にしていかなければならない。それがどう考えても国会議員や国の官僚が威張っていて、くれてやるからありがたく思え、中央集権の世の中、まだ変わっていませんでした。そこに少なくとも風穴が空いた。かなり大きな変化が今できつつある。これからさらに一括交付金など、強く実現を図っていけば、日本の政治は根底から変わります。地域のみなさんが思い通りの地域を作ることができる、そんな世の中に変えていけると思います。今すぐなかなか分からないかもしれません。しかし、5年、10年たてば必ず、国民のみなさん、ああ、鳩山が言っていること、こういうことだったのか。分かっていただけるときが来ると確信しています。新しい公共もそうです。官が独占している今までの仕事をできる限り公を開くということをやろうじゃありませんか。みなさん方が主役になって、本当に国民が主役になる、そういう政治を、社会を作り上げることができる。まだ、なかなか新しい公共という言葉自体がなじみが薄くてよく分からん。そう思われているかもしれません。ぜひ、きょう、お集まりの議員のみなさん、この思いを、これは正しいんだ。官僚の独占した社会ではなく、できるだけ民が、国民のみなさんができることは全部やりおおせるような社会に変えていく、そのお力を貸していただきたいと思います。東アジアの共同体の話もそうです。今すぐという話ではありません。でも、必ずこの時代が来るんです」

 「おかげさまで3日ほど前、韓国の済州島に行って、李明博大統領、温家宝中国の総理とかなり、とことん話し合ってまいりました。東アジア、われわれは1つだ。壁に『We are the one』。われわれは1つである。その標語が掲げられていました。そういう時代を作ろうじゃありませんか。国境を越えて、お互いに国境というものを感じなくなるような、そんな世の中を作り上げていく。そこに初めて、新たな日本というものを取り戻すことができる。私はそのように思っています。国を開くこと。そのことの先に未来を開くことができる。私はそう確信をしています。ぜひ、新しい民主党、新しい政権をみなさま方のお力によってお作りをいただきたい。そのときに今、鳩山が申していた、どうも先の話だなと思っていたことが必ずみなさんの連携の中で、よし分かった。理解をしていただける、国民のみなさんのお気持ちになっていけると私はそう確信をしています」

 「話が長くなりました。私は済州島に行って、あのホテルの部屋の先にテラス、ありまして、そのテラスのところに1羽のムクドリが飛んでまいりました。どうもそのムクドリ、実はわが家にいるムクドリとまったく同じでした。あ、失礼。ヒヨドリであります。鳥の名前を間違えて。1羽のヒヨドリが済州島のホテルに飛んでまいりました。そのヒヨドリはわが家の、わが家から飛んできたヒヨドリかな。姿形が同じだからそのように勝手に解釈をして、そうか、この鳥も早く、もうそろそろ自宅に戻ってこいよ。そのことを招いているようにも感じたところでございます」

 「雨の日には雨の中を、風の日は風の中を、自然に歩けるような、苦しいときには雨天の友。お互いにそのことを理解し合いながら、しかし、その先に国民のみなさんの未来というものをしっかり見つめ合いながら、手を携えてこの国難とも言えるときに、ぜひみなさん、耐えながら、そして国民との対話の中で、新しい時代をつかみ取っていこうではありませんか。きょうはそのことを、みなさま方にお願いを申し上げながら、大変ふつつかな私でございましたけれども、今日まで8カ月あまり、みなさんとともに、その先頭に立って歩ませていただいたことに心から感謝を申し上げながら、私からの国民のみなさん、特にお集まりのみなさま方へのメッセージといたします。ご静聴ありがとうございました」

【関連記事】
首相「今日までがんばってきたつもり」 総会で退陣表明
兄の辞任に邦夫氏「こんなみじめな…耐えられない」
首相支持率急落は、普天間問題での「しくじり」 APも速報
「日本の首相はまた替わるのか」 中国も高い関心
大きな目を潤ませ、辞任の理由は「普天間の混乱」と「政治とカネ」
「はやぶさ」帰還へ

出生率は前年並み1.37=4年ぶりに上昇止まる―厚労省(時事通信)
橋下「維新の会」さらに2市議 大阪市会で2ケタ台も(産経新聞)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
喫煙注意された客が車掌と押し問答、電車運休(読売新聞)

郵政法案審議に小泉氏起用=与党との対決アピールへ―自民(時事通信)

 自民党の小泉進次郎衆院議員が衆院総務委員会の委員として郵政改革法案の審議に出席することが26日決まった。同党としては、郵政民営化に政治生命を懸けて取り組んだ小泉純一郎元首相を父に持つ進次郎氏を前面に押し出し、改革法案の早期成立を狙う与党との対決姿勢をアピールする考えだ。 

【関連ニュース】
郵政、27日実質審議入り=与党が構え、野党反発
郵政法案、「土日、夜中も審議」=今国会成立に意欲
「政権の方向に従って」=前原沖縄相、福島氏に苦言
政府、24日午後に安保会議=米韓と連携確認へ
社民の対応焦点=政府・民主に「配慮」論

<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
クマに襲われ? 男性死亡=肩から胸に深い傷―北海道(時事通信)
NHKが初の強制執行申し立て=受信料拒否の5人に(時事通信)
新規2型糖尿病治療薬などの副作用報告を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
参院選「7月11日投開票」公算、国会延長せず(読売新聞)

植村直己が撮影、エベレスト初登頂時のパノラマ写真 兵庫の冒険館(産経新聞)

 兵庫県豊岡市の「植村直己冒険館」で、植村がエベレスト(8848メートル)を初登頂した際、頂上で撮影した写真をパノラマにして初公開している。

 植村は昭和45年5月、日本山岳会エベレスト遠征隊に参加。別の隊員とともに日本人で初めて登頂に成功し、今年はそれから丸40年になる。

 パノラマ写真はモノクロ写真15枚をつなぎ、縦90センチ、横8メートル35センチに拡大。同館は「植村と同じ目線で、神秘的な景色を体感して」と話している。

【関連記事】
グーグルが“店内ビュー”撮影開始、360度パノラマ表示の「おみせフォト」
日本館で富山県がイベント 自然や芸能PR 上海万博
記録映画「僕らのカヌーができるまで」
「日本の有人宇宙船に期待」NASA長官に聞く
【地球人間模様】@キリバス 南の島の日本人

強盗に自転車投げた!乗って逃げられた(読売新聞)
経産省委託事業の報告書 白書“丸写し”に421万円 提出の団体「指示された」(産経新聞)
<自民党>参院選マニフェストの原案発表 6月に最終版(毎日新聞)
首相動静(5月16日)(時事通信)
母の日、「何もしていない」が半数(産経新聞)

サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)

 ■市民「世界に証明を」 大統領「準備整った」

 【ケープタウン=真鍋義明】We are ready-。サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会まで、11日でちょうど1カ月となった。治安など懸念されている問題はあるが、開催国の南アフリカ政府関係者は「準備はできた」と強調。開催都市の市民らの盛り上がりはこれから、といったところだが、「南アもビッグイベントを開催できることを証明したい」と静かに開幕の時を待っている。

 「スタジアム、開催都市、そして南アフリカの準備は整った。パズルのピースは収まった」。現地時間8日夜、南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領はアフリカ大陸最大の観光見本市「INDABA2010」の開会式で、W杯開催へ向けた自信を表明した。国際サッカー連盟(FIFA)のジェローム・バルク事務局長も「南アは(前回の)ドイツにも引けをとらない世界最高のスタジアムを整備した」と持ち上げた。

 南アはこれまで、交通機関や道路の整備に1700億円以上を投じてきたほか、治安対策として約158億円をかけて約4万1千人の警官を動員するなど巨額の公費を投入。日本代表が第2戦を戦う南ア東部のダーバンや準決勝が開催される南部の大都市・ケープタウンでは、道路などの一部の工事が完了していない部分も見られるが、観光局のスタッフ、アレキサンドラさん(23)は「1カ月後には間に合う。心配はない」と話す。

 こうした関係者の意気込みと比べ、市民らはW杯を冷静に受け止めている。

 「(南アで人気の)ラグビーやクリケットのビッグマッチがあるため多くの関心がそちらに行っている。まだまだ先」と話すのは、南アで観光ガイドを務める女性。実際に、試合会場の各都市ではショップに関連グッズが並んだり、スーパーにカウントダウンのボードが設置されたりしているほかは目立った盛り上がりは見られず、お祭り騒ぎにまではなっていない。

 ただ、「世界最悪の治安」とも伝えられるイメージ改善や、W杯後の国の発展に対する市民の期待は大きい。ケープタウンのタクシー運転手(56)は「W杯の開催は国にとって大変いいことだ。私たちがホスト国として大会を成功させられることを世界に示したい」と期待を込めている。

<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
未完成介護住宅で入居金詐取=容疑で社長夫婦宅捜索-神奈川県警(時事通信)
滑走路にこすり傷=米デルタ機が接触か-成田空港(時事通信)
INAX下請け役員を中傷=ブローカー再逮捕-三重県警(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。