スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【いきいき】NPO法人フード・サイエンス・ファクトリー代表 佐々木ゆりさん(産経新聞)

 ■「高くても国産を選んで」

 「函館がごめ昆布(北海道大学)」、「ほたるいか沖漬け(富山県立大学)」、「ねじめびわ茶(鹿児島大学)」…。大学の研究室から誕生した食材を“教材”として、消費者や食の専門家、大学生に向けて食育活動を行っている。イベントでは企画のほか、品質表示のラベルを制作したり、エプロン姿で産地の人と接客もしたりする。

 “本業”はフリーライター。これまでムツゴロウ動物王国やホスピス病棟、阪神・淡路大震災など、生と死をテーマに書いてきた。だが、「ライターは3番目になりたかった職業。NPOの代表になるなんて夢にも思わなかった(笑)。生きていると何が起こるか分からない。だから人生は面白いよね」。

                   ◇

 宇宙工学にあこがれつつ「制服が嫌い」という理由で私服で通える地元の高専に進学した。しかし、高度な数学の授業に挫折して中退。一度は就職したものの長続きしない。興味のあった医療を志して看護学校に入学するも、腰痛が悪化して退学。23歳で上京し、昼は編集プロダクション、夜は高級会員制クラブで働きながらライターを始めた。書く仕事だけで生活できたのは30代になってから。「ライターになったら苦労も挫折も貴重なネタになった」

 NPOもふとした縁から始まった。

 4年前、乳がんで入院していた姉の病室で、東京農大でエミュー(オーストラリアに生息するダチョウ)を使った食材を開発している研究者を夫に持つ女性と隣り合わせた。見舞いのときに偶然、女性からエミューの話を聞き、すぐに取材を開始。全国各地の大学が地元企業とタッグを組み、最先端の農漁業技術を生かした食材を発信し、地域振興を目指している現状を雑誌『DIME』(小学館)に「大学は美味しい!!」として連載。百貨店で同名のイベントも開かれるなど反響を呼んだ。

                   ◇

 取材で知り合った研究者や食品会社、栄養士などが連携できる拠点としてNPOを設立して約1年。スーパーでの即売会では激安商品と値段を比較され見向きもされないことも。全国に点在する専門家集団をまとめるのも楽ではない。闘病していた姉を昨年亡くしたショックもある。でも、佐々木さんは「地道に続ければ何かある」。単なる楽天家ではなく行動の人なのだ。

 「安い食品は家計にうれしい。でも、食料自給率が低い日本で安心安全を求めるなら、農家や技術者、食品会社が労力と情熱をかけて作った国産の食べ物を、値段は高くてもあえて選ぶ視点も持ってほしい。大学発の食品で食について考えるきっかけにしたい」(小川真由美)

乱気流 体が宙に 悲鳴飛ぶUA機内(毎日新聞)
<郵便不正>元係長「再逮捕を恐れ」被告関与と供述(毎日新聞)
首相動静(2月24日)(時事通信)
議員報酬に成果主義、質問内容評価…熊本・五木村(読売新聞)
「橋下新党」旗揚げへ=統一選で、府・市再編争点に-大阪(時事通信)
スポンサーサイト

トムラウシ山遭難 山岳ガイド行動基準づくり提言 調査委(毎日新聞)

 北海道新得町の大雪山系トムラウシ山(2141メートル)で昨年7月、登山ツアー客ら8人が遭難死した事故で、日本山岳ガイド協会(東京都新宿区)の事故調査特別委員会(座長=節田重節<せつだ・じゅうせつ>・元「山と渓谷社」編集本部長)は24日、最終報告書を公表した。ツアーを引率した男性ガイド3人の判断ミスやツアーを企画した旅行会社「アミューズトラベル」(東京都千代田区)の危機管理体制の甘さが事故を招いたと指摘。再発防止策として、関係機関が協力してガイドの行動マニュアルを作成することなどを提言した。

 報告書は「ガイドの判断ミスや迷いによって対応が後手後手に回り、危険を拡大していった」と結論。

 再発防止策としては、同協会と旅行会社、関係省庁が協力してガイドの判断や行動などに関する基準を明確化し、研修や資格審査を実施することなどを提言した。各ツアー会社には登山の安全に関する業務マニュアルの作成などを求めた。

 同事故を巡っては、道警が業務上過失致死容疑で、ガイドやア社の捜査を進めている。【和田浩幸】

<加茂市>「しまむら」を刑事告発 売り場拡大は条例違反(毎日新聞)
ダン・ブラウンの新刊が来月登場(産経新聞)
厳冬の避暑地、誘客へ秘策 山梨・清里で「寒いほどお得フェア」(産経新聞)
中宮寺跡 心柱立てる施設跡を確認 奈良・斑鳩町教委(毎日新聞)
政治とカネ 企業なら「知らない」で済まない(産経新聞)

乱気流巻き込まれけが人の情報=成田行きユナイテッド機(時事通信)

 成田空港関係者によると、ワシントン発成田行きユナイテッド航空897便(ボーイング747-400型機)が20日、洋上で乱気流に巻き込まれ、けが人が出ているもよう。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
操縦免許置き忘れで3便遅延=羽田

月給減少率、過去最大の1.5%=4年連続マイナス-09年厚労省調査(時事通信)
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用-厚労省(時事通信)
「持ち直し」の基調判断を維持=2月の月例経済報告-内閣府(時事通信)
護送中、被疑者自宅に立ち寄り…警官2人処分(読売新聞)
「くいだおれ」買収に名乗りも…7億円を散財した近ツー元社員(産経新聞)

3人死亡の火事で無罪=放火で起訴の男性-大阪地裁(時事通信)

 大阪市西成区で2007年、アパートが全焼し住人の男性3人が死亡した火事で、現住建造物等放火罪に問われた無職尾池治被告(61)に対し、大阪地裁は16日、無罪(求刑懲役18年)を言い渡した。
 同被告は「覚えていない」などと起訴内容を否認していた。 

【関連ニュース】
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か

「消費税増税」明記せず 自民の経済政策の対案(産経新聞)
平成電電広告掲載「不法でない」=新聞社側が勝訴-東京地裁(時事通信)
拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和(産経新聞)
大阪府立大の体育部室棟で火災(産経新聞)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)

京都の春彩る「京おどり」の衣装合わせ(産経新聞)

 京都の春を彩る「京おどり」の衣装合わせが18日、宮川町の歌舞練場(京都市東山区)であり、芸舞妓(まいこ)がパンフレット用の写真撮影に臨んだ。

 61回目の演題は「花絵姿京洛瑞祥(はなのえすがたみやこのずいしょう)」で、総勢74人が出演。全7景のうち「舞妓の童唄」では舞妓が三味線を披露する。

 これまでにもお囃子(はやし)はあるが、三味線は初めて。舞妓のたね若さん(19)は「すごく緊張するのどすけど、舞妓のかわいらしさも出せれば」と話していた。

【関連記事】
古都の春は早いどすえ 舞妓さん「北野をどり」へ衣装合わせ
【京都MONO語り】変身処「舞香」 あこがれの舞妓はん
舞妓さんが華やかに豆まき 京都・八坂神社
実り多い年願う 梅に稲穂の簪
冬の祇園で「ティーパーティー」 舞妓さんの抹茶で至福のひととき

<医療事故書籍>集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定(毎日新聞)
<町田市長選>民主に逆風くっきり 東京(毎日新聞)
惜しむ声、芸能界で続々=藤田まことさん死去に(時事通信)
福島県、プルサーマル計画受け入れへ(読売新聞)
北海道の飼料会社で溶接作業中に爆発、7人病院へ(読売新聞)

警部自殺は「パワハラ原因」 遺族が元上司ら提訴(産経新聞)

 平成20年12月に神奈川県警幸署の地域課長だった男性警部=当時(52)=が自殺したのは、上司のパワーハラスメント(パワハラ)が原因だったとして、警部の妻ら遺族が18日、県と上司2人を相手取り、計約1億2800万円の損害賠償を求め、横浜地裁に提訴した。

 訴状によると、警部は幸署の地域3課長として勤務していた19年9月ごろ、上司の警視から「おまえはだめだ」と何度も怒鳴られたり、署員の前で数時間立たされるなどしたと主張。警部は鬱(うつ)状態と診断され休職。20年12月に自宅で首をつって自殺した。

 遺族側は、医師の診断書でパワハラと自殺の因果関係が認められたことや、元上司が21年3月、監察官の立ち会いのもと遺族に謝罪した点などを指摘している。

 県警は事実関係の調査を行っている。

 県警監察官室は「訴状を見ておらず、コメントは差し控える」としている。

【関連記事】
“労働信仰”の危うさ ひきこもり、親が死んだら「自殺」
英デザイナーの「自殺」、母親の死が影響か
船越英一郎の妹がうつ病自殺 ブログに綴っていた悲痛な言葉
九州管区機動隊員が自殺未遂 上司が暴行、パワハラ?
勤務医ら対象に電話相談 残業代不払い、パワハラ…相談29件

<普天間移設>福島党首「陸上案」に反対(毎日新聞)
首相動静(2月19日)(時事通信)
核軍縮で共同宣言へ=「非保有国には使用禁止」-日豪(時事通信)
【党首討論】実母資金提供「誠に申し訳ない」と首相謝罪(産経新聞)
金元工作員来日へ韓国と協議 (産経新聞)

警官の拳銃奪って発砲…警視庁玉川署(スポーツ報知)

 東京都世田谷区の警視庁玉川署で13日午前1時頃、取り調べ中の男が警官の拳銃を奪って発砲する事件があった。2発のうち1発が警官の左上腕部を貫通し、負傷。同署は殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕した。

 玉川署によると、逮捕した住所不定・無職の福盛一也容疑者(43)は、取調室から留置所に移動する途中にある2階の留置事務室内で暴れ、署員計6人ともみ合いに。刑事組織犯罪対策課銃器薬物対策の捜査員を務める男性巡査部長(35)が右腰に付けていたホルダーのボタンを外して38口径の拳銃を奪い、手錠をはめたままの状態で数十センチの至近距離から発砲。1発は床に当たった。拳銃には安全装置がなく、弾は5発装填(そうてん)されていた。別の男性巡査部長(32)が取り押さえた。

 福盛容疑者は12日午後9時過ぎ、世田谷区内のバス停でバスの運転手に因縁を付け、注意した50代男性を数発殴って負傷させ、現行犯逮捕されていた。玉川署の藤本正夫署長は「一時的にせよ被疑者に拳銃を奪われ、発砲されたことは遺憾です」とコメントしている。

 【関連記事】
世田谷区 殺人未遂 留置所 を調べる

「目があった」中2が高校生を暴行、1カ月の重傷負わす(産経新聞)
<脱税容疑>ペット業者が5000万円 ネットで販売展開(毎日新聞)
12月機械受注、20.1%増=3カ月ぶり拡大-内閣府(時事通信)
元特攻隊員に64年ぶり被爆手帳=長崎湾の魚雷艇、「証拠なく苦労」-宮城(時事通信)
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ(産経新聞)

ほかにも十数件に関与か=痴漢容疑で予備校生を逮捕-警視庁(時事通信)

 女子大生に後ろから抱き付いたとして、警視庁生活安全総務課子ども・女性安全対策専従班(愛称・さくらポリス)と大塚署は13日までに、東京都迷惑防止条例違反容疑で、都内に住む予備校生の少年(19)を逮捕した。
 同課によると、少年は容疑を認め、ほかにも「十数件やった」と供述。周辺では昨年11月中旬から今年1月下旬の間、同様の被害が10件近くあり、関連を調べる。
 逮捕容疑は11日午後4時10分ごろ、文京区目白台の路上で、女子大生(21)に後ろから抱き付き、体を触るなどした疑い。 

粉飾決算でニイウスコー元会長らを逮捕へ 横浜地検(産経新聞)
<日弁連会長選>3月10日に再投票、即日開票(毎日新聞)
富山の男性4人戻らず=栂池高原で山スキー-長野・小谷村(時事通信)
広がる「同姓同名」ネットワーク 偉人を自分とだぶらせ・・・別の人生疑似体験(産経新聞)
宝くじ グリーンジャンボ、全国一斉に発売(毎日新聞)

第三者組織の検討結果を取りまとめ―薬害肝炎WG(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」のワーキンググループは2月16日、医薬品行政を監視・評価する第三者組織についての検討結果を取りまとめた。議論の焦点となっていた第三者組織の位置付けについては、「庁」と同格の独立の行政組織である「三条委員会」とするか、所管省庁の内部に設置される委員会・審議会である「八条委員会」として内閣府に設置するのが望ましいとしながらも、早急な実現が困難な場合は当面、厚生労働省に設置するよう求めている。

 位置付けをめぐっては、「三条委員会」とするか、「八条委員会」として内閣府か厚生労働省に設置するかで議論が続けられていた。この日も、医薬品関連の問題は他行政にもかかわるとして内閣府への設置を求める意見と、早期の実現を目指すため厚労省に設置するとの意見などが上がったが、最終的には森嶌昭夫主査(特定非営利活動法人日本気候政策センター理事長)が示した取りまとめ案が大筋で了承された。
 同案では厚労省に設置する場合、第三者組織が中立・公正に監視評価機能を果たせるよう、既存の審議会などとは異なる新しい仕組みをつくる必要があると指摘。また、同省内の既存の薬事・食品衛生審議会とは役割機能が異なるため、別個の組織とすべきとした。

 このほか、同案では「薬害再発防止のために第三者組織のあり方はこれからも常に問い続けられなければならない」として、例えば3年ごとに活動の評価を実施し、改善を行うなど組織の見直しの検討が必要としている。

 ワーキンググループが取りまとめた第三者組織についての検討結果は、検討委が3月に取りまとめる予定の最終報告に盛り込まれる。


【関連記事】
医薬品行政の「現場の生の声」、アンケート結果を公表―厚労省検討委
第三者組織の「目的と特性」「権能」など了承-薬害肝炎WG
第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委
「舛添さんを信用してきた」と薬害検討委座長―新政権の「やる気」求める
医薬品行政の監視・評価組織の運営で議論―厚労省

修行僧が水ごりの荒行に挑戦 墨田区(産経新聞)
18歳少年を発見、逮捕=連れ去られた少女保護-監禁などの容疑、石巻3人殺傷(時事通信)
エコの優等生・風力発電に逆風 低周波は本当に有害か?(産経新聞)
収入隠し、生活保護費受け取り…大阪の夫婦逮捕(産経新聞)
中川昭一氏再評価の声 2010年カレンダー注文殺到(J-CASTニュース)

<地震>大阪・高槻で震度3=午前7時34分ごろ(毎日新聞)

 16日午前7時34分ごろ、大阪府高槻市で震度3の地震を観測した。気象庁によると、震源地は大阪府北部。震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは3.8と推定される。この地震による津波の心配はないという。

【関連ニュース】
地震:石川・輪島で震度4=午後7時33分
地震:沖縄・八重山で震度3 一時津波注意報
地震:宮城県南部で震度4 午後1時29分
地震:宮城・大崎で震度4=30日午前1時43分
地震:鹿児島で震度4=午後4時15分ごろ

アスベスト製品、禁止徹底を通知 厚労省(産経新聞)
<春の陽気>都心で21度 3地点で2月観測史上最高を更新(毎日新聞)
石川議員はまず説明を、と福島党首=亀井代表「進退は自身が判断」(時事通信)
慢性化しやすい欧米型B型肝炎、家庭内でも感染を確認(医療介護CBニュース)
“おばあちゃんママ”亡き孫娘に涙 兵庫・三田の継母暴行(産経新聞)

ヒップホップ歌手の「YOU THE ROCK★」大麻所持容疑で逮捕(産経新聞)

 自宅で大麻を所持していたとして、神奈川県警川崎署などは10日、大麻取締法違反(所持)の現行犯で、ヒップホップミュージシャン「YOU THE ROCK★」こと竹前裕容疑者(38)を逮捕した。同署によると、竹前容疑者は容疑を認めているという。

 同署の調べによると、竹前容疑者は10日午後5時55分ごろ、自宅でプラスチックケースや灰皿に入れて、乾燥大麻約2グラムを所持していた。

 竹前容疑者はYOU THE ROCK★という名前でヒップホップミュージシャンとして活動。テレビなどにも出演していた。昨年9月、同署に情報提供があり、捜査していた。

【関連記事】
押尾被告側が準抗告 保釈請求却下で
でき婚、薬物、経費削減…2009年の芸能・メディア界
「今年の漢字」はやっぱり“薬”? 夕刊フジが独断予想
「人生を大切にしてください」 高相被告、裁判官の説諭に深く一礼
女子中学生大麻事件で少女に譲渡容疑でラップシンガー逮捕

<大麻所持>ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕(毎日新聞)
ケニア大使館敷地内で火災、激しく炎上がる(読売新聞)
<人形浄瑠璃文楽>「源大夫」「藤蔵」親子襲名(毎日新聞)
<麻生前首相>資産報告を訂正(毎日新聞)
石川議員、離党が望ましいと仙谷行政刷新相(読売新聞)

輸血準備「いらん」 執刀の山本病院理事長、患者死亡の一因か(産経新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)で肝臓手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、手術を執刀した法人理事長で医師の山本文夫容疑者(52)=業務上過失致死容疑で逮捕=が手術前、看護師から「輸血の準備はしなくてもいいのか」と確認されながら「いらん」などと答えていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 肝臓手術は出血しやすく、事前に輸血用血液を準備するのが通例。県警は、山本容疑者らが輸血の準備を怠ったことが患者を死なせた一因だったとみており、実態解明を急いでいる。

 捜査関係者によると、山本容疑者と助手の塚本泰彦容疑者(54)=同=は平成18年6月16日午前10時すぎに患者の肝臓の一部摘出手術を開始。午後1時半ごろまでに肝静脈を損傷させ、患者が大量出血した。

 このため看護師が急遽(きゅうきょ)、事務職員を通じて県赤十字血液センター(大和郡山市)に輸血用血液を発注。複数回にわたって取り寄せたが、患者は午後3時40分ごろ出血多量で死亡した。

 山本容疑者は、大量出血で患者の容体が急変したのちに病院から姿を消し、死後に戻ってきたことも県警の調べで判明している。

【関連記事】
山本病院事件 鑑定8医師「良性」 県警依頼「国家試験レベル」
山本容疑者、肝臓手術は未経験 奈良・患者死亡
元カテーテル納入業者に有罪 奈良・山本病院事件
山本病院事件 肝臓手術で死亡を隠ぺいか
福祉を食い物に 山本病院の診療報酬不正受給事件

公務員法、閣議決定見送り=降格規定に総務相が異論(時事通信)
<ハイチ大地震>陸自の重機 成田を出発(毎日新聞)
米自治領知事、受け入れに前向き=11日にグアム視察-沖縄委(時事通信)
排出量取引、来年にも関連法=温暖化基本法案の全容判明-環境省(時事通信)
グアム視察団、現地入り 社民、国民新はサイパンも訪問(産経新聞)

火の回りの早さを確認 老人施設火災で群馬県警(産経新聞)

 火災で入所者9人を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」を運営するNPO法人(特定非営利活動法人)「彩経会」理事長、高桑五郎容疑者(85)ら2人が逮捕された事件で、同施設の火の回りが基準を満たす正常な施設よりも大幅に早かったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。群馬県警の燃焼実験で確認された。県警では、耐火材を使用しない違法な増改築が被害の拡大を招いたとみて詳しく調べている。

 捜査関係者によると、同施設では平成17年8月以降、4回にわたり無届けで増改築を繰り返していた。建築基準法では福祉施設などについて、主要な壁などに耐火材を使用することを義務づけているが、複数の関係者が県警の調べに対し、増改築の際には「『日曜大工』でベニヤ材などを使っていた」と証言。

 県警で昨年11月と12月に計3回、火元付近の建物を再現して燃焼実験を実施し、壁の温度の上昇具合や火の広がり方を確認。通常の施設よりも明らかに早く火が燃え移ることが確認された。

 渋川署捜査本部は11日、高桑容疑者の住居や事務所など、関係7カ所の家宅捜索を実施し、パソコンなど計約30点を押収した。

【関連記事】
「たまゆら」火災で施設関係者が危険認識、「ひとたまりもない」 群馬 
群馬「たまゆら」10人死亡火災、理事長逮捕 業過致死容疑
狭すぎる…無届け老人ホームの4割で改善指導 厚労省
老人ホームで火災、男性死亡 兵庫・伊丹
たまゆら火災で、群馬県警が燃焼実験

<追い出し屋>被害者の会 11日に結成(毎日新聞)
石川議員辞職も想定?中川昭一氏の妻擁立検討(読売新聞)
暗号で「整備は不要」伝達…神奈川いすゞ不正車検(読売新聞)
【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(下)供述・決定的証拠なし(産経新聞)
石川議員の辞職要求=離党で幕引き許さず-野党(時事通信)

石川知裕議員 近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で起訴された同党の石川知裕衆院議員は9日夜、党幹部に電話し、離党する意向を伝えた。近く小沢氏と会い、最終判断するとみられる。

 石川議員は9日、地元の北海道帯広市で記者会見し、その時点での離党や議員辞職を否定し、今後の対応は「自分自身で判断したい」と含みを残していた。事件の影響で内閣支持率は低落傾向にあり、党内では離党を求める声が強まっている。別の党幹部は「本人が離党の意思を伝えれば、小沢氏は止めないだろう」と語った。

【関連ニュース】
鳩山首相:「党の判断ある」石川議員進退で
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
石川知裕議員:辞職せず 支援者に意向伝える
陸山会事件:石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」
社民党:石川議員起訴で「辞職に値」

武山元衆院議員に有罪=報酬約束、公選法違反-さいたま地裁(時事通信)
午後にリコール届け出へ=プリウス不具合問題-トヨタ(時事通信)
隕石635個を採取=「世界一」奪還はならず-南極観測隊が会見・昭和基地(時事通信)
収賄容疑で福岡県元副知事を逮捕、県町村会から100万円(産経新聞)
<全国建設工事業国保組合>本部に立ち入り検査…都と厚労省(毎日新聞)

【中医協】再診料統一、診療側と支払側の溝埋まらず(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月5日の総会で、来年度の診療報酬改定に向けた個別項目の改定案の議論を一巡させ、病院と診療所の再診料の統一と、外来管理加算の取り扱いをめぐり再度、意見交換した。しかし、診療所の再診料(71点)を維持したままでの統一を求める診療側に対し、支払側は引き下げによる統一を主張、両者の溝は埋まらなかった。このため、8日午後にも総会を開き、引き続き議論することになった。

 厚生労働省が提示した「外来に関する財源」の粗い試算によると、来年度の報酬改定では、外来部分の改定率引き上げに伴う400億円のほかに、検体検査などの適正化によって約400億円の捻出が見込める。ただ、新規技術などの評価に約650億円が必要なため、病院と診療所の再診料統一に充てることが可能な財源は、差し引き150億円となる。

 ただ、外来管理加算の「5分要件」を外し、"お薬外来"を不算定にする要件を同加算に導入した場合の影響額が不明確なため、支払側の白川修二委員(健康保険組合連合会常務理事)が厚労省に説明を求めた。
 厚労省側は「該当するようなデータを現時点では思い付かないが、せめて類推くらいは可能なものがあるかどうかを調べてみる」と述べ、8日の総会に何らかのデータを提出する考えを示した。

 一方、診療側の安達秀樹委員(京都府医師会副会長)は、「新たな評価の650(億円)は『絶対』なのかも、本当は議論されなければおかしい」と指摘。
 これに対し白川委員は、診療報酬改定の基本方針が救急などの医療の再建を重点課題に位置付けていることを指摘し、「650億で『本当に足りるのですか』と逆に言いたいくらい。必要であれば、ここはもっと膨らましてもいい」との認識を示した。


【関連記事】
【中医協】再診料、外来管理加算めぐり議論が平行線
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に―安達委員が提案
再診料の統一「12年度に向け検討を」―民主・梅村氏
再診料と外来管理加算、時間外対応なら配慮―足立政務官
【中医協】再診料、病診の点数統一で合意

石川議員 辞職、離党を否定 保釈後、初会見 (毎日新聞)
読売演劇大賞に「ヘンリー六世」(時事通信)
「政治主導確立法案」決定、国会に提出(読売新聞)
並行輸入業者もカバー配布=英ベビーカー事故(時事通信)
平野官房長官 個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)

<人事院>公務員合格者のアドレスが流出(毎日新聞)

 人事院は9日、08年と09年の国家公務員採用1種試験に合格した321人分のメールアドレスが流出したと発表した。合格後に各府省への採用希望を提出していなかった322人に希望の有無を確認するメールを送信する際、アドレスを他の受信者には見えない「BCC(ブラインド・カーボン・コピー)」ではなく、全員分が見える「宛先(あてさき)」欄に入力したという。

 1人分についてはアドレスの表記を間違え、試験を受けていない別の人に送信された。アドレスの流出を知ったこの人が人事院に連絡し、問題が発覚した。【石川貴教】

顧問の扱い「対応を指示」=全国町村会会長逮捕で総務相(時事通信)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず-法制審部会(時事通信)
10年度予算、3日審議入り=衆院委(時事通信)
石川被告はさばさば「国会議員執着ない」(産経新聞)
<人事>警察庁(15日)(毎日新聞)

本州から戻ったトキの雌が雄とペアに(産経新聞)

 新潟県佐渡市で昨年9月、野生復帰を目指して放鳥されていったんは本州に渡ったが今月2日に佐渡に戻ったトキの雌が8日、雄とペアで行動していることがわかった。雄は求愛のような行動を示しており、繁殖の期待が高まっている。

 雌は昨年9月に2次放鳥された20羽(1羽は保護ずみ)のうち1月中旬に新潟県五泉市に飛来、今月2日に佐渡市に戻った。環境省やトキの観察ボランティアらによると、6~8日の3日間、雄とペアで行動するのが確認された。雄は繁殖期を迎えたことを示す黒灰色になっており、求愛行動を意味する小枝を折って雌に渡す行動を試みたが、雌は応じなかったという。

 日本野鳥の会佐渡支部の土屋正起副支部長は「雄は積極的だが雌はまだ1歳半で若い。繁殖能力はあるため両思いになるのを見守りたい」と話している。

【関連記事】
放鳥トキが再び佐渡に 繁殖へ期待高まる
トキの生息地分散化を支援 日中共同で環境保全策
トキ夫婦、新居にご満悦? いしかわ動物園に移送
トキ2次放鳥の雌も本州へ 関係者やきもき
トキ7羽を佐渡へ移送 放鳥に向け

「ここでは申し上げない」鳩山-小沢会談について首相(産経新聞)
「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)
桜井茶臼山古墳から見つかった鏡が照らす“卑弥呼の政権戦略”(産経新聞)
公約通りの実現に努力=子ども手当満額支給で-鳩山首相(時事通信)
<陸山会事件>石川議員ら3被告、保釈(毎日新聞)

国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論-政府チーム(時事通信)

 政府は3日、地球温暖化問題に関する関係省庁副大臣級検討チームを開き、温室効果ガスの削減目標達成に向けた行程表の議論を始めた。2020年までに排出量を1990年比で25%減らす目標について、小沢鋭仁環境相は、国内だけで15%以上を削減し、残りは海外からの排出枠購入などで埋め合わせるとした素案を提示した。
 同相は素案で、家庭やオフィスなどの分野で温暖化対策を強化する考えを強調。「25%減」目標のうち、こうした国内対策による削減分を「15%」「20%」「25%すべて」とする3案を示した。検討チームは素案を基に議論を重ね、3月下旬に行程表の骨子をまとめる。 

【関連ニュース】
米国務次官補インタビュー要旨
新提案なら「検討の用意」=普天間移設で米国務次官補
国内のみで15%以上=温暖化ガス削減目標
COP16成功へ協力=日・メキシコ首脳会議
日メキシコ外相が会談

田村参院議員に民主入り要請=小沢氏(時事通信)
棋聖戦、張3連勝(産経新聞)
小沢氏続投で摩擦も=「不起訴処分」には安堵-民主(時事通信)
鳥取県議事務所など捜索 社会福祉法人で15億円使途不明 (産経新聞)
<参院代表質問>「党内の民主主義は健全」鳩山首相(毎日新聞)

石垣島で2万年前の人骨発見=直接の年代測定で日本最古(時事通信)

 沖縄県石垣市の石垣島の洞穴から見つかった人骨について、骨からコラーゲンを抽出して放射性炭素に基づく年代測定を行ったところ、約2万年前と推定されるものが含まれていたことが4日、分かった。同県や琉球大、東京大などの研究チームによる成果で、年代を直接測定できた人骨では日本最古。日本人の起源を探る上で重要な手掛かりになると期待される。 

逮捕の3人、供述食い違い…陸山会事件(読売新聞)
タウンニュース社員が相場操縦 課徴金25万円納付命令勧告(産経新聞)
小沢氏進退で駆け引き…民主、党内抗争の兆し(読売新聞)
鹿児島発JAC機、エンジントラブルで引き返す(読売新聞)
小沢氏、米次官補と会談=内容説明せず(時事通信)

18歳高校留学生、学生寮で20歳留学生刺す(読売新聞)

 宮城県警塩釜署は4日、私立仙台育英高2年で中国籍の男子留学生(18)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 発表によると、留学生は1月30日午前1時半頃、同県多賀城市の同校学生寮の自室で、同室の3年生で中国籍の男子留学生(20)の胸を、果物ナイフ(刃渡り9・5センチ)で刺して殺そうとした疑い。刺された留学生は10日間のけが。

 同署は、刺した留学生が「死んでもかまわないと思った」と供述したため、殺人未遂容疑を適用した。その後は殺意を否認。動機を「(相手が)部屋で電話をしているのが、気にくわなかった」と供述している。

 同署の発表では、学校側は弁護士と相談したうえで、事件から4日後の今月3日になって同署に相談した。

検察側冒頭陳述(上)「大事件起こして捕まれば人生終わり」 秋葉原殺傷初公判(産経新聞)
「謝って」「悪い印象ない」=木嶋容疑者、殺人容疑再逮捕に-連続不審死(時事通信)
ボルト付け忘れが原因=新幹線3時間停電-JR東海(時事通信)
函館線運転再開、脱線列車2両を撤去(読売新聞)
接岸中の大型貨物船で火災…福岡(読売新聞)

押し入れから拳銃と実弾 銃刀法違反容疑で暴力団会長らを逮捕(産経新聞)

 自宅に拳銃(けんじゅう)や実弾を隠し持っていたとして、調布署などは銃刀法違反(加重所持)の現行犯で、暴力団飯島会系会長の三森幸保(61)=東京都武蔵野市吉祥寺東町、飲食店経営の柳沢理絵(39)=三鷹市上連雀=の両容疑者を逮捕した。同署によると、三森容疑者は「十数年前に知人から預かった。知人は既に死んでいて名前は言いたくない」と供述。柳沢容疑者は「自分は知らない。すべて三森さんに聞いてください」と否認している。

 逮捕容疑は、1月12日午前、柳沢容疑者宅の押し入れ内に拳銃1丁と適合する実弾16発、別の拳銃の実弾81発を隠し持っていたとしている。

 同署によると、2人は交際関係にあり、別事件の関係先として柳沢容疑者宅を家宅捜索したところ、拳銃などが見つかった。拳銃は布でくるまれ、実弾はプラスチックケースに入った状態でシューズバッグに詰め込まれていたという。

【関連記事】
拳銃所持の男が出頭 警視庁、暴力団関係者殺害との関連捜査
殺人容疑で手配の暴力団幹部を逮捕 神奈川の組関係者殺害事件で
刑事責任問えずと不起訴 那覇の殺人、心神喪失
「あいさつしない」隣人を包丁で脅す 容疑の男を逮捕
なるべく事件を“小さく”… 証拠のカッターの刃を短くした容疑で警部を書類送検

<タンク爆発>工場長らを書類送検 安全管理不備容疑 愛知(毎日新聞)
「評論家」増田氏、架空話で投資家募集か(読売新聞)
<通天閣>恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事(毎日新聞)
将棋 王将戦七番勝負第2局2日目 羽生が馬を作る(毎日新聞)
中国軍拡、透明性必要=北沢防衛相「懸念は日米共通」-鳩山首相(時事通信)

<個所付け>民主党の県連通知に野党が一斉反発(毎日新聞)

 国土交通省が10年度に行う公共事業の実施場所(個所付け)を民主党が都道府県連に通知したことに対し、野党は3日、一斉に反発した。自民党は衆院予算委員会の理事会で、経緯の説明を民主党に要求。回答を得られなかったため、この日の予算委で予定していた10年度予算案の趣旨説明が4日に先送りされる事態になった。

 自民党理事は「われわれは予算成立前にこんなことはしなかった」と憤りを隠さず、通知を認めたとされる馬淵澄夫副国交相の処分を要求する構え。同党の石破茂政調会長は記者会見で「予算の私物化だ」と批判し、共産党の小池晃政策委員長も「国会審議を形骸(けいがい)化させる」と指摘した。

 これを踏まえ、民主党では3日夕、高嶋良充参院幹事長が副幹事長と対応を協議。その後、衆院予算委の松原仁筆頭理事に「途中段階の予算の配分予定額を示しただけだ」と説明した。【高山祐、木下訓明】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢氏の幹事長続投、改めて容認
節分:鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ
基幹労連:内藤委員長、「政治と金」で民主党の対応に注文
民主党:自民の票田切り崩しへ トラック議連が発足
鳩山首相:小沢氏報道「冷静に見守る」

牛肉のおいしさ、撮影だけで測定=岐阜県情報技術研など開発(時事通信)
福岡県町村会裏金事件、中島前副知事を聴取(読売新聞)
<玉みそ>寒風に揺れる「すだれ」…岐阜・関(毎日新聞)
<将棋>久保、ゴキゲン中飛車 王将戦第2局(毎日新聞)
銃弾?入り封筒、首相官邸と小沢氏事務所に郵送(読売新聞)

鳩山首相、小沢氏事件で陳謝 衆院代表質問(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説に対する代表質問が1日、衆院本会議で始まった。首相は小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件について「お騒がせしたり、ご心配をいただいていることに関し国民に真摯(しんし)におわび申し上げたい。検察が公正な捜査を行うことを信じている」と陳謝した。

 また、自民党の谷垣禎一総裁が鳩山政権を「小沢独裁」と批判したことを受け、首相は「小沢氏は代表の信任と委託に基づいて職務にあたっており、党や政府を支配することは一切ない。健全な党内民主主義を貫いている」と反論した。

 一方、首相は「マニフェスト(政権公約)を着実に実行し、次の総選挙で国民に実績に基づいて信を問う」と述べ、早期の解散・総選挙を否定。永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の国会提出には「積極的な思いを持っているが、与野党にさまざまな意見がある。提出に向け論点整理を行っている」と説明した。

【関連記事】
小沢氏、刑事責任問われるならば進退判断
首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁
自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相
「発想おかしい」各地で反対決議 外国人参政権

<原口総務相>小沢氏の参考人招致「必要だ」(毎日新聞)
普天間移設「あらゆる選択肢」=答弁書を閣議決定-政府(時事通信)
普天間移設先に徳之島浮上、首相「白紙」強調(読売新聞)
児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大-情報に最高10万円・警察庁(時事通信)
【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設(医療介護CBニュース)

外務省、ロシアに厳重抗議=駐日大使、射撃の確認避ける(時事通信)

 北海道の漁船2隻が北方領土の国後島沖で操業中、ロシア国境警備隊のヘリコプターから照明弾を発射され、2隻に銃撃を受けたような跡が見つかった問題で、外務省の谷崎泰明欧州局長は30日夕、ベールイ駐日ロシア大使に電話し、「ロシア側の警告射撃が着弾したのであれば極めて不適切だ」と厳重に抗議するとともに、再発防止の徹底を求めた。
 ベールイ大使は「直ちにモスクワに伝える」と述べるにとどまり、国境警備隊が2隻に射撃したかどうかの確認を避けた。 

【関連ニュース】
北海道知事「事実なら強く抗議」=国後沖銃撃
ロシア警備隊ヘリが銃撃か=国後島沖の漁船2隻に
外交演説要旨
施政方針演説要旨
施政方針演説全文

営業委託先に「実体なし」=携帯充電器マルチ商法-大阪府警(時事通信)
鳥取不審死 殺害当日にあの同居男の車を確認 上田容疑者は姿見せず(産経新聞)
<毎日写真コンテスト>優秀作品展始まる 東京・赤坂で(毎日新聞)
<小沢氏団体不透明会計>小沢氏聴取会見 岩手県民ら、内容に不満の声(毎日新聞)
雑記帳 秋田で漬物「いぶりんピック」(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。